DaVinci Resolve 12.5

パワー

scroll down

ハリウッドのポストハウスは、大手のスタジオから依頼を受けて映画を制作しているため、世界最速のネットワークおよびスーパーコンピューターシステムを構築してきました。彼らは驚異的な高解像度のイメージ、膨大な量のデータを扱っており、さらに厳しい締め切りを守らなくてはなりません。世界で最も注文の厳しいクライアントを相手にしているのです!カラーコレクションおよび画像処理に関して、ハリウッドはDaVinci Resolveに注目しています。DaVinci Resolveは、大規模なマルチGPUシステムを構築して高速ストレージ・エリア・ネットワークに接続し、クライアントが見守る中でも、リアルタイムで作業が可能なのです!

無制限のパワー

通常、コンピューターベースのソリューションは、使用している1台のコンピューターに制限されてしまいます。しかし、DaVinci Resolve Linuxは、この制限を打ち破ります。高性能GPUカードを搭載したLinuxコンピュータークラスターを構築することで、常にリアルタイム処理が可能になります。大勢のクライアントが同席している場合でも、DaVinci Resolveは、スーパーコンピューターでリアルタイム処理を実現できるのです。プライマリー、セカンダリー、Power Windows、マルチポイントトラッキング、ブラーなどをいくつも追加して再生してみてください。常にスムーズな処理が可能です。

スーパーコンピューターベースのグレーディング

世界最先端の劇場映画やテレビCMの制作、プログラミングを実行するパワーが必要な場合、制限無く拡張可能なDaVinci Resolveは、まさに最適なソリューションです。独自の「スーパーコンピューター」を構築することで、高フレームレートおよび4K以上の高解像度を扱うことができる高速処理を実現できます。新しいApple MacProなどの簡単に入手できるマルチGPUシステムを購入したり、独自のGPUシステムをカスタマイズすることが可能です。高速ワークステーションは、拡張筐体あるいはマルチクラスターGPUカードを搭載した大型のハイエンドPCをベースにしている場合があります。各作業内容に合わせてカスタマイズする場合、DaVinci Resolveを専門に扱う販社に、推奨コンピュータープラットフォームを確認してください。

ストレージ・エリア・ネットワーク

DaVinci ResolveシステムのマルチGPU処理機能は、驚異的なスピードでの処理が可能です。大規模なプロジェクトで複数のスタッフが共同作業を行っている場合、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)は、誰もが同一のメディアにアクセスできる最適なソリューションです。ストレージ・エリア・ネットワークは、高速で直接接続してストレージを共有できます。このため、常に必要な素材にアクセスしてリアルタイム処理できる環境が必要な、ハリウッドの主要スタジオで使用されています。DaVinci Resolveは、大規模なSANベースのワークフローに対応可能な共有プロジェクト・データベースおよび機能を搭載しているので、スタジオが世界最大規模に成長しても対応可能です!

複雑なスタジオ管理

普段は複数のプロジェクトを同時に手がけているけれども、場合によっては、大規模な劇場映画プロジェクトを扱う必要がある中規模のスタジオにとって、DaVinci Resolveは最適なシステムと言えます。作業の中心となる機材室に複数のDaVinci Resolveシステムをインストールし、クライアント対応エリア、試写室、そしてクライアントのいないところでカラリストとエディターがスピーディに作業できる複数のスペースを組み合わることで、理想的なスタジオ設計が実現します。クライアントが同席する場合は、広い部屋にモニタリング出力をルーティングすれば、プロジェクトをスペース間で瞬時に移動できます。この素晴らしいソリューションを導入することで、ポストスタジオのスペースを最大限に活用でき、スタジオを無制限に成長させることができます!

DaVinci Resolve Complex Facility Management